TOP > クローズアップカンパニー > 株式会社日産サティオ高知

人と地域を「いい気分」にする会社

株式会社日産サティオ高知

 私たちの暮らしに欠かすことのできない自動車。特に高知県での生活は、通勤に、買い物に、仕事に、レジャーに、すべてのシーンが自動車と密接な関係にある。そんな高知県の生活者に、より楽しく、安全・安心で、快適なカーライフを提案する会社、それが日産サティオ高知。愛らしいクルマのキャラクター「ビュン太」が目印だ。

愛されて44年
 1966年、日産サニー高知販売として高知市鴨部(現在の西店)にて営業開始。昭和49年のサニービル(高知市知寄町)竣工時に本社を移転。1999年からは日産自動車全車種の取り扱いを開始。翌年から現社名に変更された。現在は、県内8ヵ所に店舗・サービス工場を展開している。
 今年8月に44周年を迎える同社。県内のモータリゼーションを支えながら、常に生活者の目線で車社会を見つめ、ユーザーとともに歩んできた。長い歴史の中で二代、三代にわたるユーザーも存在している。
いい気分へビュン
 コーポレートステートメント(スローガン)となっている「いい気分へビュン」は、全車種取り扱いの際に導入された。その象徴として誕生したのが「ビュン太」というキャラクターだ。
 経済成長時に求められたカーディーラーの姿と、現在求められる姿は大きく異なる。車というモノの提供から、カーライフというコトの提案へと同社の役割が変わっていく中で生まれた「楽しく安全・安心で快適なカーライフの提案」という企業ミッション。そして、その活動を通じて人や地域の豊かな暮らしに貢献すること。その思いがスローガンには込められている。
カーライフの提案
 車やカー用品、メンテナンス商品などを提案するだけでなく、カーライフにまつわる最新情報を発信したり、安全なドライビングをサポートしたりするのも同社の重要な役割だ。そこで同社営業支援部では、ドライブやタウン情報のほか、新車情報、サービス商品、保険情報などを掲載した情報誌を定期的に発行し、カーライフアドバイザーがユーザーを中心に配布。楽しく快適なカーライフの提案とユーザーとの関係性の強化を図るとともに、常にお客さまの目線で愛車の状態を把握し、お客さまと愛車の「いい気分」を提供できるよう活動している。
より安全なカーライフのために
 カーディーラーにとって、販売後のメンテナンスや保険の提案、事故の際のサポートなどのアフターサービスが、ユーザーとの関係性を維持継続していく生命線となる。同社では愛車に長く安全に乗ってもらうことがカーディーラーの使命との考えから、サービス部門のスタッフの技術向上、対応力向上のためのOJTや研修にも力を注いでいる。また、ユーザーが安心してカーライフを楽しむことができるよう、的確な保険を提案。さらに、こうしたアフターサービスを、ユーザーごと、車両ごとに一元管理するカーライフアドバイザーの能力向上にも努めている。
サービス商品の提案
 購入後、しばらくするとカーディーラーへ足を運ばなくなるユーザーも多いが、定期的な点検や愛車のメンテナンスを怠れば、結果として買い替え時期が早まったり、修理代がかさんだりするものだ。同社では、お客様感謝フェアなどの感謝イベントなどを積極的に開催し、洗車のサービスやワンコインでのメンテナンスのサービスを随時開催。来店しやすい店づくりを実践している。
 また、低料金でのメンテナンスパックや立ち会い型のスピード車検「ビュン太のニコニコ車検」など、ユーザーが利用しやすい車検点検商品を提案することで、より安全で安心なカーライフが楽しめるよう取り組んでいる。



 エコカー減税や購入補助金でやや活性化している自動車販売。一方で補助金終了後の展開が各ディーラーの明暗を分けることにもなりそうだ。およそ1年後には日産初の電気自動車「リーフ」の発売も予定されている。奇しくも昨年エコ事業部を立ち上げた同社だけに、今後の展開が期待される。
【掲載日:2010年3月2日】

株式会社日産サティオ高知

代表取締役社長 山ア広起

高知市知寄町2-1-37
TEL:088-882-3201(代表) フリーダイヤル:0120-173-201 FAX:088-882-3075
http://www.nissan-satio-kochi.co.jp

設立/1966年8月
業務内容/日産全車種及各種中古車の販売、自動車整備業、損害保険代理業、総合リース業、通信機器の販売
店舗/本店、西店、土佐道路店、野市店、四万十店、須崎店、安芸店、稲荷町店



Copyright © Business Kochi. All Rights Reserved.