TOP > クローズアップカンパニー > 株式会社 加寿翁コーポレーション

土佐料理を追求し、食品事業を積極展開

株式会社 加寿翁コーポレーション

 誰もが認める土佐料理店の代表格、司。大正6年、竹内太一社長の祖父である小松牛次氏が「新京橋ねぼけ」として創業した。その後昭和39年に、父の和夫現会長が「土佐料理 司」を高知市はりまや町に開店。昭和40年代には大阪、東京へと出店し、土佐料理を全国へと発信。平成4年に加寿翁コーポレーションに社名を変更。現在、高知・大阪・東京に、土佐料理・日本料理の店を14店経営する。近年では、司ブランドの「鰹のたたき」や「ゆずぽん酢」の宅配や量販店への流通、インターネットによる高知県の地場産品販売にも力を注ぎ、地元高知の地産外商にも貢献している。

土佐料理を全国に
 昭和39年に開店した「土佐料理 司」は、またたく間に繁盛店となり、さらなる可能性を求めて昭和44年に大阪へと出店。万博という追い風も重なって出店は成功。その機運に乗じて、47年には東京赤坂に自社ビル(4階建て)を建設し、土佐料理 祢保希を出店。料亭街ということもあり、滑り出しは苦戦するものの、「竜馬がゆく」の放送開始で龍馬ブームがやってきた。1年後には繁盛店となり、土佐料理を全国区にするとともに、その後の新宿、渋谷、銀座店(自社ビル5階建て)などの出店の足がかりとなった。
土佐料理という一点を掘り下げる
 「失敗もあった」と竹内社長は言う。バブル期には会席料理やしゃぶしゃぶ、とんかつなど、他の業態の店を出すが失敗。その経験から竹内社長は「土佐料理という得意技を磨いていくことに活路がある」と食材に着目。厨房経験を生かし、仕入れを徹底的に見直した。積極的に産地へ出向き、産直の朝どれ、天然ものにこだわり、提供する時間までも考慮した輸送に取り組んできた。
 こうしたこだわりが、店の信用となり司・祢保希のブランド化へとつながった。そしてそれは、土佐料理そのものの素材の良さ、質の高さを全国に浸透させることにもなっていく。
食品事業へ
 「土佐料理を磨きあげる」ことは、新たなビジネスチャンスも拓いた。平成7年、高知市食品団地に食品流通センターを設置し、司ブランドの「鰹のたたき」の宅配事業を開始。9年には「ゆずぽん酢」も商品化し、量販店などへの出荷を開始した。司の味、祢保希の味を、家庭へと届ける食品事業への進出だ。
 また、18年には高知県地場産品のネット販売も開始。自社の商品だけでなく、高知の様々な質の高い特産品を厳選し、全国へと販売している。
 「食品事業は『得意技』の中から生まれた。味や技術といった無形の資産の有形化。売り方を変えることが、新たな事業になった。しかし、それも店の信用があってこそ。店が信用を築き、メニューの売れ筋を商品化していく。それをネット事業が支える。まだ志半ば。これからです」(竹内社長)。
 近く、高知大丸の惣菜部門にも出店する同社。これも生活者の声を聞く重要な場となるに違いない。
一次産業の再生が、飲食業の未来につながる
 土佐料理店を大阪、東京で展開していることそのものが、地産外商であるし、県内一次産業の活性化に貢献するものだ。同社はそれを、昭和40年代からやってきた。しかし、一次産業を取り巻く環境は厳しく、特に水産資源への危機感の高まりは凄まじい。
 同社は、店で出す仁淀川の鮎が減少していることを受け、20年に県、いの町と「協働の森づくり事業」のパートナーズ協定を締結。同町の町有林44ヘクタールに「鮎を育む森。」と名付けて森林整備を行っている。
 また、巻き網船の大量捕獲によるカツオの小型化、漁獲量減少が問題となる中で、竹内社長は資源保全の重要性や水産行政の大切さ、循環型社会の実現について、カツオフォーラムへ参加するなど、積極的に情報を発信している。
 「資源の保全は自分たちの未来にもつながっているし、水産業の恩恵を受ける者の使命でもあると思う。日本の水産業を砂漠化しないためにも積極的にかかわっていきたい。一次産業の再生のために、小さなことでもできることからやっていきたい」(竹内社長)。
 こうした取り組みを始めたことで、食材に対する従業員の意識が変わり、仕事に「芯」が生まれているという。



 土佐料理という一点を掘り下げることで生まれたブランド力とビジネスチャンス。新たなアイデアを外に求めるのではなく、自らの中にある「得意技」に創意工夫を加えながら、時代のニーズとの接点を見つけていく。同社の存在は、土佐料理と、高知の外食産業の未来を照らすものだ。
【掲載日:2010年5月11日】

株式会社 加寿翁コーポレーション

(土佐料理 司・土佐料理 祢保希・黒潮料理 酔鯨亭・和食れすとらん 司・ごはん処 司・味デパ)

事業内容 : 土佐料理店・日本料理店の経営、食品事業
代表者 : 代表取締役社長 竹内太一
東京本社/東京都渋谷区大山町28‐2 TEL03‐3481‐0050 
高知本店/高知市はりまや町1‐2‐15 TEL088‐873‐4351
食品流通センター/高知市大津乙1910‐19 TEL088‐866‐1411 
店舗/14店(高知・大阪・東京)・ ショップ/2店(高知)・ 工場/1ヶ所
ホームページ : http://www.kazuoh.com/ お取り寄せサイト : http://www.tosakatsuo.com/



Copyright © Business Kochi. All Rights Reserved.